太陽光発電の素材を選ぶコツ

ECO FUTURE

太陽光発電の素材を選ぶコツ

太陽光発電に興味があるという方も多いと思います。
電力関連のニュースは不安になる事が多いですから、少しでもそれを自分で賄うことができれば安心できますし、太陽光で作った電力を電気会社に売る事でお小遣いを稼ぐことができるかもしれないという期待を持っている方もいるかもしれません。
ところで太陽光発電には素材がいくつかあるのをご存知でしょうか。
主に代表的なものは三つで、一つは結晶シリコン太陽電池です。
国内のシェアの8割を占めている太陽光発電の素材で、入手し易く、発電効率も一番いいです。
二つ目は薄膜シリコン太陽電池。
発電効率はあまり良くありませんが、名前のようにとても薄く、軽量なのが特徴です。
3つ目はCIGS系太陽電池。
発電効率は前の二つの真ん中くらいで、デザイン性がとても評判です。
CIGS系太陽電池は資源の使用が少なく、安く費用が抑えられる事が注目されているので、これからの動向に注目したいところです。

太陽光発電のコストは後で取り返せる

基本的に、太陽光発電を一般家庭に導入するときにはある程度のコストがかかります。
しかし、このコストは後年で必ず取り返すことが出来るものだと言えます。
そもそも、太陽光発電と言うのは再生可能エネルギーという自然から得ることが出来るエネルギーを利用しています。
このエネルギーの利用こそが一般家庭に簡単に発電システムを導入できる理由だと言っても過言ではありません。
電力を発電するためのシステムには、その電力を生み出すためのエネルギーが必要になります。それは風力であったり火力であったり、原子力であったりするのですが、太陽光以外のエネルギーには大きな問題点があるのです。
それは、エネルギー不足とコスト、そして無駄な副産物の生成です。
上記に挙げた三つには必ずこれらの問題点が浮上するため一般家庭に導入するシステムとしては向いていません。
しかし、太陽光は違います。
太陽光は、電力を発生させても原子力のように悪影響を及ぼす副産物が発生しませんし、火力のように膨大な費用がかかるわけでもありませんし、風力のようにエネルギー不足になるわけでもありません。
太陽光のシステムを利用すると、自宅で作った電気を蓄電することが出来るようになるため、それを利用して光熱費を削減することが出来ます。
また、余った電気は電力会社に売ることが出来るため、家計の手助けにもなるのです。設置されるソーラーパネルは数十年耐えうるものですし、自然から得られるエネルギーは無料なので一度導入すると支払った分の費用は必ず手元に返ってくることになります。

注目サイト

ハイクラスの快適さを備えた学校で合宿免許をご提供する、女性におすすめの自動車学校です。

合宿免許 女性

介護施設・クリニック向け通販サイト・フィードメディカルケアネットストアです。

介護用品 通販

オークションのプロにおまかせください。

オークション 代行

2016/7/28 更新

トップへ